借金依存症になりました

MENU

閲覧数トップ3記事

借金依存症になりました

パチンコ、麻雀などのギャンブルもしない、キャバクラにハマったわけでもない、ごく普通の生活をしていた私がなぜ借金依存症になったのか、ありまのまま話します。

 

借金依存症になりました記事一覧

依存症の中でも「借金依存症」は、自覚症状はまったく無いと言えます。自分自身も含め、周りの友人や知人は、少なからず借金をしています。借金に依存するきっかけ私が最初に借金した記憶は、社会人となって銀行のカードを作った時、そこに、VISAやJCBの提携がされていて、簡単にキャッシングができたのです。社会人1年目で、安月給でしたからお小遣いが不足しがちで、簡単にお金が借りれることはとっても重宝しました。し...

借金依存症は手遅れになる前に、身の周りの人がその予兆に気がつけるかが重要なところです。しかし、依存症を自覚することなく、家族の誰にも気が付かれない事もままあります。借金に嵌まるメカニズム最初はお小遣いが足りなくなって、軽い気持ちで数万円借りたのが借金の始まりでした。そんなことを繰り返しているうちにあっという間に利子がかさみ、複数のカードで借金をしてしまう。最初に借金した時点では返せても、収入が減っ...

「自分は大丈夫!」ほとんどの依存症の人は、そう考えています。私もそうでした。少しの借金なら、十分返済できるし、ボーナスで完済できるから大丈夫!少し節約したら、借金は返済できるから、大丈夫!こんなにある!身近な依存症借金依存症の他にも、たとえばこういったものに依存の罠が待ち構えています。お酒パチンコ煙草買い物食事薬ゲームインターネットこれらのほとんどは、本来なら趣味、余暇として生活を楽しみ、快適にす...

「借金依存症」は少額の借金から始まり、それが繰り返され、 やがて多額の借金になってしまいます。依存を自覚できないのはなぜ?何度も繰り返しているのに、本当に自分自身に「自覚」は無かったのでしょうか?毎月送られてくるクレジット会社からの請求書に、最初のうちは開封し確認していました。やがて、返済に遅れたり、残高不足で引き落としができなくなると、催促の電話が家にかかって来ます。家族に知られまいと、携帯に連...

「借金依存症」になると、借金ができなくなるまで借金をします。アルコール依存症なら、肝硬変になれば禁酒します。過食症や拒食症の摂取障害も同様に、それを妨ぐ症状が出たり疾患にかかると、治るということではありませんが、行為ができなくなります。全てとは言えませんが、ギャンブル、買い物等、多くの依存症は、何かの要素、起因でできなくなるまで、その行為をやめようとしません。借金がやめられない訳「借金依存症」の場...

借金半額は決して夢じゃない! 相談シミュレーター診断で、返済の減額、過払いの返還はできないか、あなたの借金を診断してみよう!