会社員になってキャッシング

MENU

閲覧数トップ3記事

会社員になってキャッシング

借金依存症 キャッシング

 

大手企業のグループ会社の契約社員として働いて3年目に、
地方都市での短期出向の仕事がありました。
大手企業の支社の依頼で3か月の契約で単身赴きました。

 

仕事も順調に

自己破産から6年がたっていました。
当初の契約期間の3か月が半年に延長になりました。
ビジネスホテル住まいでしたが、
海沿いの自然豊かな環境が私の心身を癒してくれました。

 

支社での仕事は思っていたよりハードできつかったのですが、
社員がおおらかな人が多く、良好な人間関係で頑張れました。

 

借金依存症 会社

 

半年が過ぎようとしていた頃、
支社長から正社員になるよう要請があり、
それを受けることにしました。

 

自己破産のことは地方都市まで知られておらず、
新たなこの地で再出発する意欲が湧きました。

 

収入も増え、ホテル住まいからマンションに変わり、
家財道具も一式揃えることができました。
毎月の安定収入があり、ボーナスもよかったのですが
養育費を毎月振り込んでいたので貯金はできませんでした。

 

 

カードの誘惑再び・・・

借金依存症 カード

ある日、映画でも観ようとレンタルDVDショップへ行きました。
DVDを借りるには会員にならなければならず、
必要事項を記入し身分証明を提示して
仮カードが発行されました。

 

後日、正式なカードがマンションに届きました。
すると、そのカードに
クレジット会社との提携がされていた
のです。
自己破産して一生クレジットカードが持てない、
と思っていたのでその時は驚きました。

 

自分が過去の罪から解放されたような気持ちになったことを覚えています。
同じようにショッピングモールや大型チェーン店の会員カードを作ると、
信販会社との提携がされていました。

 

そんな時、会社の飲み会があり、
手持ちのお小遣いが足りなかったので
ほんの軽い気持ちで5万円を分割返済でキャッシングしました。

 

自己破産して6年ぶりに
「借金」を何も考えず気楽な気持ちでしてしまったのです。
自分が「借金依存症」の自覚が無いので、
この程度の借金なら分割で、楽に返せると思っていたのです。


 

 

借金半額は決して夢じゃない! 相談シミュレーター診断で、返済の減額、過払いの返還はできないか、あなたの借金を診断してみよう!